アニメ・コミック

はだしのゲン

小学生の頃 近所のお友達のお宅で この

はだしのゲンを 読ましてもらって すっごく

衝撃を受けました

この時期 私は何故か 灰谷健次郎さんの

兎の目だとか 戦争による人間の 生き様の変容

を描いた小説を もの凄く読んでいました

で 漫画によるリアルな原爆の姿を 描いていた

はだしのゲンは 読む手を 止められないほど 

衝撃が強く しかも 何回も何回も繰り返して

読んだ 漫画でした

普通に暮らしていた生活が 一変し 更に

原爆投下による 更なる厳しい試練の数々が

本当に絶え間なく 人間を襲うんですよね

人事とは思えなくて 少し前に 日本という自分が

暮らしている土地に こんな事が 起こったという事実

本当にもの凄い 衝撃を受けました

高校の修学旅行で 沖縄・長崎に行き 戦争があった土地に

降り立ち 今では 観光地化されている 戦争の地を 平和な

状態で見ている この何とも言えない 変な感情は 修学旅行を

楽しむものでなく 今生きている事について 考えさせられるもので

今でも 修学旅行の思い出は 沖縄で亡くなられた方々の慰霊碑が

敷き詰められているとか ぼろぼろの衣服とか 本当にそういう

思い出です

はだしのゲンは 漫画なので 絵があります

今 小学校の図書館で 娘が読んでいるそうです

どうか 戦争の恐ろしさ 原爆の恐ろしさを この

学校に普通に行ける状態だからこそ 考えて 恐怖を

感じて 欲しいと思っています

今が 戦争を身近に 感じられないからこそ 戦争が

起こっている国に 思いをはせ そこで生きている人達の

思いを 想像して 欲しい

普通に暮らせることの 有難さに 今日も感謝

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)